購入までのいきさつ(その1)

シトロエンC3

この間までは2018年の7月に中古で購入した「スズキワゴンR」を使っておりました、昨年車検を通してます。車検の前後から「次に買い替えるのはシトロエンにしようかな」とぼんやり考えておりました。ワゴンRの前は2005年にある事情(これは後日書きます)で手放したシトロエンXsantiaを最後に久しくに車を所有しておりませんでした。前からシトロエンに乗ってたんです。ただ2005年の時点ではもう車は所有できないだろうと考えてました。年が経って事情がかわって軽自動車で再開したのですが、やっぱりもの足りないというかシトロエンの感覚が忘れられなくて。

車検の前まではシトロエンの昔の車種は知ってても現在のラインナップは知りませんでした、もう買うこともないだろうと思ってましたから。ところがなにかのきっかけでC3を見かけてこれはいいなと思い、それからネットやYouTubeなどでいろいろ調べました。自動車ジャーナリストの岡崎五朗さんがtvkの『車でいこう!』でべた褒めして自ら所有したなんて話も欲しい気持ちに拍車をかけます。

それでも車検は2022年まであるし、実家のこともあってしばらくはワゴンRに乗るつもりでした。実家のことというのは昨年の1月に母が亡くなり、その後父の具合も悪くなり老人ホームに入居。これが一段落したら買い替えを考えようと。

父は秋ごろから病状が芳しくなくなり、入院-大腸がんの手術。そして本年の1月、母の命日の2週間前に亡くなってしまいました。父や母のことは相続が落ち着いたら本家のブログに書くつもりです。

父の入院から葬儀まで病院、老人ホーム、葬儀場、霊園などすべて千葉市なので、11月頃からは週1程度で往復してました。ワゴンRは千葉の実家と調布の私の家との足として大活躍していたのです。葬儀から四十九日までの間に本位牌の準備などのことで「お仏壇のはせがわ穴川店」での打ち合わせに向かう途中でそれは起きました。

つづく